トリックアートとは

 トリックアートとは、『遠近法』『陰影法』『前進色と後退色の組み合わせ』など、絵画のテクニックを駆使して平面上に立体のオブジェを描くアートです。

 人の目の特性や先入観なども取り入れアートとしての魅力を高めています。


 パネルに特殊なペンキを使って精巧な絵を描き、照明を凝らして二次元を三次元に見せて、「意識の錯覚」を起こさせます。
 
 額縁から手や足が飛び出して見えたりする遊び心いっぱいの楽しいアートです。


 トリックアートには様々な種類があるので、その1部を紹介したいと思います。




スポンサードリンク
《トリックアートとは?の最新記事》
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。