エッシャーについて

 マウリッツ・コルネリス・エッシャーは、1898年6月17日にオランダ北部のフリースラント州レーワールデンに5人兄弟の末っ子として生まれました。父親のヘオルへ・A・エッシャーは土木工事の技術者で、1873年から1878年までの5年間、明治政府の招聘によって日本に滞在し、いわゆる「お雇い外国人」として各地で河川・港湾関係の工事に従事したという。
 エッシャーの絵はエネルギー保存の法則をくつがえすような「だまし絵」が特に有名。



〜Wikipedia より〜
 マウリッツ・コルネリス・エッシャー(Maurits Cornelis Escher, 1898年6月17日 - 1972年3月27日)はウッドカット、リトグラフ、メゾティントなどの版画製作でよく知られたオランダの画家(版画家)である。エッシャーは建築不可能な構造物や、無限を有限のなかに閉じ込めたもの、平面を次々と変化するパターンで埋め尽くしたもの、など非常に独創的な作品を作り上げた。




スポンサードリンク
《エッシャーの最新記事》
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。