トロンプルイユとは

トロンプルイユ

 フランス語からきた言葉で、室内の壁や天井に実際の窓や柱、装飾パターンや風景を書き込む技法。


〜ウィキペディアより〜

トロンプ・ルイユ(Trompe-l'œil、騙し絵)とは、シュルレアリスムにおいてよく用いられた手法・技法。ただし、シュルレアリスムに限って用いられるものではない。トロンプイユと表記されることもある。

その範囲は、かなり広く、例えば、次のようなものが挙げられる。

・平面作品に物を貼り付けて、
 絵の一部が外に飛び出しているような作品

・3次元の現実ではありえない建築物を描いた作品
 (例えば、エッシャーの作品)

・人体や果物・野菜などを寄せ集めて人型に模した作品
 (例えば、アルチンボルドや歌川国芳の作品)。
  寄せ絵、はめ絵という。

・普通に見ると人間の顔に見えるが、さかさまにしたり、
 向きを変えたりすると、まったく別の物に見える作品

・大きさや長さについて錯覚を起こさせるような作品




スポンサードリンク
《トリックアートについての最新記事》
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。