脳を鍛えるゲーム感覚でやってみてください。

true_true.gif

脳を鍛えるゲーム感覚でやってみてください。

難しく考えすぎるとおかしくなってきますので、
落ち着いてやって、わかったときのスッキリ感は
かなり満足です♪


疲れたらテレビでも見てリラックスです^^




スポンサードリンク
《不可能な図形の最新記事》
この記事へのコメント
わかりませーーん。
どうして (T_T)
Posted by さる at 2007年05月03日 14:07
これ、難しいですよね。

自分も計算までしちゃいました(笑)
Posted by トリック at 2007年05月08日 23:37
仕事中に考えふけってしまった(^^;)
大きい三角形と小さい三角形は相似じゃないからですね。
斜辺の傾きが小さい方が大きい

Posted by at 2007年05月16日 14:01
答えが無けりゃ眠れないところでした
Posted by at 2007年11月08日 04:23
ギブアップ
すんません、教えて下さい。
Posted by at 2008年02月22日 23:57
マス目を一つ一つみてみると・・・
Posted by ニャン王 at 2008年09月20日 07:19
答えは
下図のは二等辺三角形ですが 上図のは実は四角形
Posted by 寅之助 at 2009年06月04日 05:20
わかりません・・・
詳しく答えおしえてほしいです・・・
Posted by 謎解き大好き at 2009年06月30日 18:00
全然わかりません…
答えを…m(__)m
Posted by Q太郎 at 2009年08月23日 22:19
面白いですね。少し悩みましたが分かりました。

全体でとらえると上下の三角形が同じ大きさ、同じ面積のはずなのに下は1マス分欠落してしまっているように見える…実は、全体でとらえた三角形っぽい図形は三角形ではないのですよね。

上のコメントにもありますが、パーツである赤い三角形と緑の三角形は相似形ではないので、組み合わせると大きな三角形のように見えますが斜辺は直線ではないです。

斜辺に定規を当てて見ると分かります。

そこに消えた1マスの理由があるということです。説明が難しいですね。
Posted by こで at 2009年09月17日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。