エッシャー - Drawing Hands「描く手」

Drawing Hands.jpg

二つの手がお互いの手を書いているDrawing Hands「描く手」はエッシャーの有名作です。
フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)
マウリッツ・エッシャーより引用

マウリッツ・コルネリス・エッシャー(Maurits Cornelis Escher, 1898年6月17日 - 1972年3月27日)はウッドカット、リトグラフ、メゾティントなどの版画製作でよく知られたオランダの画家(版画家)である。エッシャーは建築不可能な構造物や、無限を有限のなかに閉じ込めたもの、平面を次々と変化するパターンで埋め尽くしたもの、など非常に独創的な作品を作り上げた。

1898年6月17日マウリッツ・コルネリス・エッシャーはオランダのレーワルデンで誕生、お雇い外国人として来日したこともある土木技術者の父ジョージ・エッシャー (George Arnold Escher)とその2番目の妻サラ・グレイマン (Sarah Gleichman) の間に生まれる。5人兄弟の末っ子だった。1903年にエッシャーの家族はアルンヘムに引っ越し、13歳まで彼は土木技術について学び、ピアノのレッスンを受けていた。




スポンサードリンク
《エッシャーの最新記事》
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。